キャッツアイCE-500CF エレアコ改造 その4  


ほぼ完成! 猫目くん。

去年の9月からアコギをエレアコに改造しているんですが、アンダーサドルP.U.
に加えて、WM-61Aという小型コンデンサマイクもボディ内部に取付ました。当初、
FISHMANのプリアンプに割り込む形でコンデンサマイクの音をミックスする計画で
したが、プリアンプ自体に妙な歪があり、結局自分でプリアンプをユニバーサル
基板で自作してアンダーサドルP.U.とコンデンサマイクの音を別々に取り出して
外部のミキサーで混ぜることにしました。ところがコンデンサマイクのアースが
いまいちで妙なハムが聴こえるので、再度アース周りを強化し、作り直したコン
デンサマイクを搭載しようと思っているうちに、FISHMANのコンデンサマイク内蔵
型プリアンプを購入して、これでいいやと現在に至っています。(爆)

で、いよいよサドルを本番用のTUSQ製のものに交換し、調整もほぼOKとなりまし
た。エンドピンは、ブラス製も試しましたが、結局エボニー製のものに落ち着い
ています。音的には、アンダーサドルP.U.の影響があるかと思ってましたが、そ
れほど大きな変化もなくて良かったです。最終的出来上がりの音は、中高音域は、
なかなかいい感じで気に入っていますが、低音がもう少し出て欲しい感じがしま
す。D−28だったらもっと低音出るぞ!と思いつつ値段が違うからなぁと反省
しています。このギターで出せるよい音を研究します。ただし、僕自身がアコギ
をロクに弾けないのでこっそり地道に練習中です。(笑)

2017年7月1日

平川丈二は最近こんなことを考えている!
Back to 平川丈二Home