ごあいさつ


飲酒量が気になるお年頃

親兄弟が結構お酒好きで、糖尿病のリスクを抱えている傾向があるため僕も
そろそろ注意が必要と考えていたんですが、具体的なアクションがほとんど
なく、流石に危機感が募ってきたので、とりあえず現状把握で普段の飲酒量
を測ってみました。ビールなどの定量の飲み物は飲酒量の把握は容易なので、
最も量が不明だったウィスキーを計量してみました。


飲酒量の調査!

ウィスキーは、基本ロックでマグカップに一杯注いで飲んでいます。氷を入
れたカップを0gとしてウィスキーを普通に注いだら112gでした。多分平均
すると約120ml程の飲酒量になりそうです。これはシングル・ダブルという
言い方をするとシングル30mlとして4杯分になります。晩酌としてはちょっ
と多めかもしれませんが、この量をリミットにしていくことにします。(笑)

一時期、ウィスキーのボトルをサイズアップする傾向があったんですが、ペッ
トボトルへ移行するとアル中への道まっしぐらになりそうだったので、踏みと
どまっています。(大汗)現時点で健康診断時に糖尿病関連のお説教はまだ受け
ていないので、早めに対応したいです。(爆)

7月に還暦を迎え、すっかり爺ですが、腰痛と60肩以外は、あまり問題ない
感じです。歯も全数残っていますし、多少太り気味ですが、血圧も通常範囲
内なので、減塩とかではない普通の食事ができます。上記のお酒もとりあえ
ず禁止されていないので、普通に飲み会へ行けます。有難い話です。

あとは、「死ぬまで健康」を目指して、ほどほどの運動をするようにしたい
と思います。

2020年12月1日




♪2020年の挨拶集 
♪2019年の挨拶集 
♪2018年の挨拶集 
♪2017年の挨拶集 
♪2016年の挨拶集 
♪2015年の挨拶集 
♪2014年の挨拶集 
♪2013年の挨拶集 
♪2012年の挨拶集 
♪2011年の挨拶集 
♪2010年の挨拶集 
♪2009年の挨拶集 

今月の見出し!へ
 
 

Back to 平川丈二Home